もどる 過去の日記

レッスン日記

2002年5月


伝言板&イグ茶

05月31日 (金) [ 曇りのち晴れ ]


 先日のエレクトーン話、レッスンに関すること楽器に関すること、それから派生する諸々のこと、伝言板で話が弾んだ。私なりの考えで楽器を選び、レッスン内容を考えてやっているわけだが、みなさんの色々な書き込みのおかげで、電子オルガンのメーカーや機種毎の違い、メーカーのサイトへ行ってじっくり見たり、レッスンについてもさらにしっかり考えることが出来てよかった。
 電子オルガンのことをきっかけに、グランドピアノとアップライトピアノ(アコピ)と電子ピアノ(デジピ)、さらにはアコピに消音機能を付けることもある、昨今のピアノ事情についても思いを巡らせたり・・・所有楽器が電子オルガンやキーボード、デジピという生徒、年々増えてきてる感じもある。確か伝言板でのご質問にも答えた気がするが、ピアノを極めたいのであれば子どもの頃からアコピで練習する方が早道だろうし、そうでない場合は、住宅事情や転勤の問題などを考えると、アコピに限らず・・・とも思うが。ただし、子どもの場合は、いつ本気になるかわからないわけで、やっぱり自宅でも可能な限りアコピで練習して欲しいな〜・・・私が子どもの頃、最初の数年は電気オルガンだったために、タッチの矯正に長く苦労したので、なお気になるのかも・・・と思うのだった。ハンマーが弦を叩く感覚ってアコピでないと感じられないし、強弱というか音色のニュアンスもデジピで修練するのは至難の業。
 最近はコンパクトなデジピも出回ってきて、お値段も手頃、昨年買った私のP-80も、イグ達の日向ぼっこを見張りながら(笑)とか、夜遅くでも弾けるし、気軽に録音も出来るので、一人連弾も楽しめて活躍している。けれど、子どもがきちんとピアノを学ぶために最適の楽器だとは思えないし・・・まぁ、キーボードよりは数段ましだけど、どうしてもアコピやある程度の電子ピアノが無理な場合に限るかな・・・学校の帰りが遅くなってピアノを弾く時間がなくなりがちな年齢の高い生徒、社会人、大人になって楽しみのために弾く場合には、色んな楽しみ方の出来るデジピはお薦めかも。
 アコピに消音機能を付けるというのも、よく聞くようになった話。確か昨年あたりのレッスン日記に書いたように、私も楽器店で試してみて、そう悪くないなと思ったので、消音装置後付けできる機種のアコピを持っている生徒には、是非、薦めたいし、これからアコピを買う生徒にははじめから消音装置が付いているか、後付可能な機種を薦めたいな〜。防音室を考えるよりは、消音装置の方が経済的でもあるし。
 アコピの場合、楽器の当たりはずれの問題もあるし、選ぶときは慎重に・・・というのはもちろんだけど、教えてきた生徒達を振り返ってみると、所詮、電子楽器は消耗品、結局は買い替えることが多い。電子オルガンの場合、機種変更で寿命が来ていない楽器を買い替えることもあるし・・・私の場合は、経済的に簡単に買い替えは無理というのもあるが、所有している楽器(グランドピアノ、エレクトーン、デジピ、シンセなど)はどれもまだまだ元気、大事に可愛がって弾いてあげたいな・・・他にも大人のおけいこ事のことなど、伝言板の話題からたくさん考えることができて、みなさまに感謝☆

 もうひとつの色々な生徒の話、言いたい放題の生徒のことも、その他の可愛い生徒達のことも、イグ茶でチラチラと話題にのぼって・・・そうやってみなさまの温かい目で見守られてるイグぴょん教室、しあわせなことだし、ピアノを弾かれる方々が具体的な曲名を書かれているのを見ると、私も弾きたい気分になれること、これにも感謝☆
 いつまでも素敵な先生でいられるように、ピアノや音楽に対する姿勢だけでなく、体も心も健やかに元気一杯、可能な範囲で(^^ゞ 見た目も綺麗で過ごせるように・・・がんばってみたい。今日のレッスンでもKちゃんに軽く憎まれ口を叩かれたのを思い出し、苦笑しながらも、明るい気持ちで6月を迎えることが出来そうなイグぴょん先生だった。(^o^)

 ココをお読み下さっているみなさまのそれぞれの楽器、ピアノや電子オルガンを弾く時間、お子さんが弾く時間、レッスンの時間、時には迷いやしんどいことがあっても、それ以上にたくさんの楽しさや大きな悦びをお感じになられるように祈ります☆ 

花柄のワンピース

05月24日 (金) [ 晴れ ]


 先週のある日、久しぶりに花柄のワンピースを着てみた。もともと、フェミニンなお洋服が好みだけど、イグ達の世話をしたり家事をしたり、バタバタと走り回るのには、スッキリした格好が楽だし、ここ数年選ぶ色は黒系ベージュ系が多く、子ども達の目には地味に見えてるかも・・・。で、たまに明るい色の服を着ると、年齢の低いども達は、「先生、綺麗なお洋服だね、かわいいお花が付いてるね。」などと喜んでくれる。で、花柄ワンピースも低学年の子達には好評だったのだけど・・・レッスン時間が進んで、遅い時間にくる高学年の子ども達は、「先生、何かあったの?」と疑惑のまなざし。(笑)極めつけは小6Kちゃん、じっとワンピースを眺めた後、「先生、白髪もしわも増えたね・・・。」・・・やられたぁ、っと苦笑。先日レッスンに来られたKちゃんのお母さまの話だと、家に帰って、「今日、先生に失礼なこと言っちゃった〜。」と一部始終を話したらしく、「いつも好き勝手、言いたい放題ですみません〜。」とおっしゃっていた。もうちょっと若い頃だと、Kちゃんの言葉にショックを受けたかも、な私だけど、今回はなぜだか(事実だから?(^^ゞ)ショックや腹立ちは全くなくて、子育て経験のない私、もしもKちゃんくらいの歳の子どもが居たら、こういうことってしょっちゅう言われちゃうんだろうなぁ、って苦笑した後は、うれしい経験をしたような気分になったのだった。お母さまにもそう話すと、お家ではもっと過激なのだそうだが、細かく気遣いするところもあるようで、そういう面はレッスン中にも感じるし、これからも言いたいことたくさん言って欲しいな。
 毎回なぞなぞを出してくれる小3Mちゃん、練習不足で頭を掻きながら、でも、レッスン中は一生懸命な小3Kくん、うまく出来ないとすぐに涙が出ちゃうけど、頑張って誉められると笑顔いっぱいになる小3Rちゃん、お洋服や髪型の変化に敏感でいつも感想を言ってくれる小2Aちゃん、練習量には波があるけど綺麗な音を出せるようになった小5Aちゃん、ご親戚の結婚披露宴でブライダルプレーヤーの演奏を見て憧れてる中3Mちゃん、学校が大変だよ〜とぼやきつつ練習はマイペースだけど、レッスンはお休みしないで通ってくる高1Mちゃん・・・他の子達もみ〜んなそれぞれにかわいいよなぁ〜と、生徒達の顔を思い浮かべながら、しあわせを噛みしめるイグぴょん先生かも。(^.^)

エレクトーンの使用法?

05月16日 (木) [ 曇り時々晴れ ]


 連休後、子ども達との楽しいレッスン♪続きだったのだけど、9日夜から突然の酷い喉の痛みにはじまった発熱・・・翌10日は倒れそうになりながらもレッスンをこなし・・・うむぅ〜、気をつけて過ごしてるのにどうしてこうなるのぉ?と、少々、落ち込みながらも11日に病院へ・・・症状に合うお薬をもらって、ひたすら養生・・・今週になって熱も徐々に落ち着き、そろそろ風邪は治ったかな〜という感じだけど、相変わらず気候が変で、暑かったり涼しかったり雨が多かったりなので、油断せずに過ごしたい。
 低血圧や虚弱体質は、そう簡単に改善できるものでもないし、あまり養生や食事のバランスを考えすぎて疲れてしまうという、何とも不器用なこともあったけど、そろそろ自然に過ごすコツもわかってきたようなので、焦らず騒がず落ち着いて・・・自分の体や心と付き合っていきたい。

 そういうわけで、ずっと書きたい!と思っていたエレクトーンの生徒に関すること、延び延びになってしまっていたが・・・。先月末にヤマハ関連の大手教室からうちへ入ってきた中3Yちゃん、前の先生からはフロッピー付き楽譜をポン!っと買わされて宿題を出され、曲の好みに関わらずレッスン、という感じで、やる気はあるのに何か違う・・・と感じていたYちゃん、部活もしていてレッスン時間もうまく合わなくなり、思い切って前のお教室を辞めたらしい。以前からうちへ来ているMちゃんに、私のレッスンの様子を聞き、興味を持って、お母さまと一緒に訪ねて来られたのが4月半ば過ぎ、翌週からでもレッスンを受けたいとの熱心さで、私もハキハキしたYちゃんの様子に好感を持ち、お引き受けすることにした。
 前の曲がやりかけというので、引き続き仕上げるのと平行して、自宅にEL-500を持っているYちゃんなので、音色作りやリズム打ち込みも自分でやれた方が楽しいだろうと思い、フロッピー付きでなくても弾きたい曲をやろう!ということになった。雑誌「エレクトーン」の中から、弾きたい曲を選んだYちゃん、まず、音色を決めていこうか、と操作を促すと、やり方を知らないしやったこともないと言う。EL-500の前は、EL-37を所有していたらしいが、前々からフロッピー付きの楽譜ばかり使用していて、どの音色がどんな音かも試したことはなかったらしい。ん〜、確かにフロッピー付き楽譜は便利だし、私も使っているけど・・・生徒の年齢が低いとか、自宅の楽器が他社製品だったり古い機種で、操作を教えにくいというならわかるが、ヤマハ関係のお教室でELシリーズを持ってる生徒さんなら、基本的な使用法くらいは教えてるものだと思ってた私の認識が甘かったのか・・・それにしても変だよな〜と感じた。すべてのヤマハ関係のお教室、先生がそうなのかどうかはわからないけれど、高額の楽器を購入している生徒さんに、基本的な操作法を教えてないなんて・・・なんだかな〜。ちなみに、私のレッスンでは、中学生くらいになると、曲に好みも出てくるし、エレクトーンで演奏される流行りの曲は、生徒達の方が詳しいので、それぞれ好きな楽譜を買ってきてもらい、フロッピーがなくても(ELを持っていない生徒もいるし)、音色決めやリズムの組み方なども教えている。
 ともあれ、Yちゃんは色んな音色を試して、曲に合う物をレジストして、雑誌「エレクトーン」の楽譜には、リズム譜も付いているので、少しずつリズムを組んでみて、毎回のレッスンで、「おぉ〜!こうやって使うんですね!」と感動している様子。以前からの宿題だった曲も、どうしても弾けないところがある(確かに速いテンポのタンゴは難しい・・・)というので、そこだけ取り出して、ゆっくり拍を取りながら、それぞれの音符の数え方を説明して弾かせてみると、ちゃんと出来る!「初めて自力でここが弾けましたっ!」と喜んでいた。前はどんなレッスンだったの?と聞いてみると、ひたすらフロッピーのリズムに合わせて、先生の真似して(?)弾くという感じだったらしい。拍子の取り方や、それぞれの音符の長さの説明なしで、よくここまで(7級レベル)・・・うむぅ〜(@_@) 逆の意味で感心してしまった私だった。(^^ゞ これまでは、譜読みも適当だったようで、ト音記号の音もヘ音記号の音も自力で読むのには時間がかかっているようだけど、理解できない年齢ではないし、耳で聞き取ることも大切だけれど、読めた方がさらに色んな世界が拡がる、という説明に納得したYちゃん、出された分の宿題はきちんとこなして頑張っている。
 他の子ども達のレッスン、その後も順調、グレード試験の準備も着々と進み、練習不足気味な子達には教材の見直しや、練習方法の指示や宿題の加減をしながら、大きな問題もなく、体調がいまいちでも日々のレッスンの時間は楽しみ、という感じで助かっている。

 子ども達が頑張っているのを見てると、私もやる気がムクムクと〜、体調と相談しながらだけど、宿題の曲に拘らずに色々な曲を弾いて楽しんでいる。そのうちにパッヘルベル「カノン」の連弾をNet用に録音しようね!と小6Kちゃんとも相談している。乞うご期待☆

連休

05月06日 (月) [ 曇り時々雨 ]


 G.W.もあと数時間でおしまい。4月後半の3日間とこの4日間、カレンダー通りにお教室もお休みだったが、今回は里帰りもせず、疲れを癒すために自宅でのんびり過ごした。体力増進のために、お散歩やサイクリングなどもしたかったのだが、お天気が悪い日が多くて、昨日、ちょっと川沿いの道をサイクリングしただけで残念だった。にゃあさんも普通に仕事だったし、仕事がお休みの分、時間に追われることはなかったけれど、他は普段と変わらず過ぎた日々という感じだった。
 自分の練習も、もっと意欲を持ってやりたいな〜と思っていたが、手荒れが酷くてやる気がいまいち、デジピで軽い曲を弾いて楽しむくらいで、MD録音やMIDI録音は全く手つかずだった。先日、調律してもらったGP、弾いてあげないと可哀想だな、と、今日は三日ぶりにレッスン室に入って弾いてみたけど、バッハだけ弾いてダウン・・・ゆっくり過ごしたので、体の方はかなり回復していると感じているが、お天気にも左右される頭痛やだるさ、気力の完全復活にはもうしばらくかかるかも。

 連休の谷間のレッスンでは、グレード試験準備中の生徒のレッスンがたくさんあったが、まだ、弾きこなせていない子や、新学期の張り切り気分がちょっと疲れ気分に変わってきてる感じの子もいて、ちょっと気になっている。この連休で、元気を出してくれてるといいな〜。
 「ある日のお教室」も更新してあげたいな、と思っているが、まだ、聞いていない生徒もいるようで、様子を見ながら・・・となりそう。Netをしているご家庭は増えているようだけれど、まだ生徒本人が積極的に繋ぐという感じなのは、ほんの数人のようだ。

 五月晴れの晴れ晴れ気分ではじめたかった今月の日記なのに、どうも暗い調子なのは、雨ばかりのお天気、のんびり過ごして体を休めることは出来ても、やりたいことやろうと思っていたことは、ほとんど出来ないまま過ごしてしまった気力のなさを後悔してるから・・・と、やっぱり子ども達に会えない日々は淋しい気分だから・・・かな。(^^ゞ
 明日から、また、子ども達にも励まされながら、元気にやっていきたい。

レッスン日記 Since1996
piano@igupyon.com
管理